CarPlay / Android Auto対応カーオーディオFH-9400DVSが最高

ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。

この記事では、FH-9400DVSのレビューをしていきます。購入を迷っている方は是非参考にされてください!

また、CarPlayが想像以上に便利だったのでそれについての記事も書きました。CarPlay目的に購入しようか検討している方は是非ご覧ください!

FH-9400DVSについて

このカーオーディオは、pioneerから発売されている、フラッグシップのAVメインユニットです。この記事のタイトルにもあるとおり、AppleのCarPlayや、GoogleのAndroid Autoに対応している、カーオーディオです。その他にもたくさんの特徴がありますが、それらはこの記事の趣旨からずれるので、以下公式サイトの説明をご覧ください。

FH-9400DVS | AVメインユニット | カーナビ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社
Apple CarPlay、Android Autoに対応した2Dオーディオのフラッグシップ。カロッツェリアのAVメインユニット「FH-9400DVS」の特長紹介ページです。

個人的に嬉しいと思った点

大きなモニター

このカーオーディオは、約7インチの画面を搭載しているため、CarPlay等でスマホカーナビを使用したときもはっきりとした文字で大きく観ることができます。

UIがすっきり・かっこいい

個人の趣味的なところはあると思いますが、全体的にUIがすっきりしているのにかっこいいです。画像のように、時計表示やiPod再生画面、なんかかっこよくないですか??笑

CarPlayの画面などでも音楽操作ができる

運転手はハンドルリモコンなどから操作すると思いますが、助手席の人は、画像のように簡単に楽曲操作をできます。

スマホナビとラジオの音を同時に流せる!!しかも音量分けれる

どちらかと言えばCarPlayのおかげというところはありますが、今までCarPlayに対応していないカーオーディオを使っていたときは、iPhoneで音楽を再生中はスマホナビの音を同時に流せていましたが、ソースをラジオに切り替えると、当然iPhoneの音は本体からしか流れません。しかし、この機種はCarPlayでスマホナビを使用すると、「ガイダンス」という項目の音量が使用され、たとえソースをラジオに切り替えても、画像のように「ガイダンス」と「FM / AM」(画像では「Apple CarPlay」ですが、ソース切り替えで変更できます。カメラ撮影仕様の関係でその写真が撮れませんでした。)が分けられており、両方の音を同時に流せます。購入時には想定していませんでしたが、個人的に一番嬉しかったです。

画面角度の切り替えができる

この機種は、画面の角度を切り替えることができます。ちなみに、DVD挿入は画像のように画面が倒れて挿入口が現れます。

バックモニターを利用できる

これは嬉しい点と言うよりも、ちゃんとできて良かった。と思った程度です。この機種でもきちんと利用できますのご安心ください。

さいごに

まず、CarPlayやAndroid Autoを利用したいと考えている方には間違いなくおすすめできる機種なのは間違いないです。ただ、CarPlayやAndroid Autoを使う予定がない方にとってはオーバースペックになると思います。しかし、CarPlayやAndroid Auto、僕の他の記事で具体的なことは書いていますが、音楽の再生だけであっても、操作面で非常に便利なので、そもそもCarPlayやAndroid Autoの使用からご検討ください笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました