IT LaTeX

MacでLaTeX2020が使えるようになるまで

2020-05-01

みなさんこんにちは!つるおです.
この記事では、専門用語等全く知らない方も、見よう見まねで環境ができあがるように意識して説明します。
最終的にできあがる環境は、MacTeX(GUIなし) + TexStudio環境になります。

もっと良い環境を作ることができました。
今から始める人はこちらを参考にしてください!!

no image
参考VSCodeでLaTeX環境構築(Win, Mac対応, BigSur対応)

みなさんこんにちは!つるおです. この記事では、専門用語等全く知らない方も、見よう見まねで環境ができあがるように意識して説明します。 最終的にできあがる環境は、VSCodeでtex編集+ビルドできる環 ...

続きを見る

使用ツールやインストールするものたち

Homebrewについて

Homebrewは、Macのパッケージ管理ソフトウェアのことです。誤解を恐れずに簡単に言うと、プログラミングなどをする人が、何らかの理由で使用したいパッケージ(アイテム?ソフトウェア?)がある時にそのダウンロードやインストールを簡単に行うためのものです。
今回の記事では、肝心なMacTeXのインストールを、このHomebrewを使用して行います。

MacTeXについて

MacでLaTeXを使うために、MacTeXというディストリビューションを利用します。要は、TeXを使うための標準的なファイル一式をまとめたものです。 公式ページや、ミラーサイトからパッケージをダウンロードしてインストールした場合は、TeXShopやTeX Live Utilityという名前のアプリケーションも同時にインストールされます。しかし、基本的にこのようなアプリケーションは使用しないため、この記事では、これらGUIプリケーションがインストールされないように環境構築を行います。

Texstudioについて

LaTeXで文書を作る際に私がおすすめする統合環境です。基本的に、文書を書くためのエディタは何を使っても良いのですが、LaTeXでは書いたものをコンパイルしてpdfを生成しなければなりません。その作業は少し面倒なので、この統合環境ですべて自動でやってもらう作戦です。

環境構築

今後の説明で、「ターミナル」という単語が出てくる場合、下図のアイコンのようなアプリケーションを起動してください。
また、コマンドを説明する際、$ brew -vというように$記号から始まる文字列で記載しますが、皆さんは$記号以降を入力してください

事前準備

Homebrewの導入確認

まず、ターミナルにて以下コマンドを実行してみてください。

$ brew -v

以下のような文字列が表示された場合は、導入済みなので「Homebrewの更新」まで進んでください。

Homebrew 2.2.14
Homebrew/homebrew-core (git revision 14216; last commit 2020-04-29)
Homebrew/homebrew-cask (git revision eaddd; last commit 2020-04-29)

Homebrewの導入

先ほどの確認作業で以下のような文字列が表示された場合は、Homebrewをインストールする必要があります。

zsh: command not found: brew

Homebrewの導入はとても簡単。以下コマンドをそのまま実行してください。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

導入できたらもう一度1つ前の手順に戻って確認してみてください。

Homebrewの更新

インストール作業をする前にHomebrewを更新しておきましょう。以下コマンドをそのまま実行してください。

$ brew update
$ brew upgrade

MacTeXの導入

パッケージのインストール

以下コマンドをそのまま実行してください。

$ brew cask install mactex-no-gui

途中でパスワードが求められるので、普段Macにログインする際に入力するパスワードを入力してください。

注意ポイント

入力したパスワードは画面上には表示されませんが、裏できちんと入力されています。

ポイント

環境によりますが、インストールには15分〜45分程度かかります

TeXパッケージのアップデート

以下コマンドをそのまま実行してください。

$ sudo tlmgr update --self --all

パスワードが求められるので、普段Macにログインする際に入力するパスワードを入力してください。

注意ポイント

入力したパスワードは画面上には表示されませんが、裏できちんと入力されています。

ポイント

環境によりますが、アップデートには10分〜60分程度かかります

TeX用紙サイズをA4に設定

以下コマンドをそのまま実行してください。

$ sudo tlmgr paper a4

Texstudioの導入

パッケージのインストール

以下コマンドをそのまま実行してください。

$ brew cask install texstudio

ポイント

環境によりますが、インストールには1分〜10分程度かかります

初期設定

以下アイコンのアプリケーションを起動して、環境設定画面を開き、以下設定項目を画像通りに変更してください。

ビルド設定

エディタ設定

コマンド設定
項目
LaTeX “/Library/TeX/texbin/uplatex” -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
PdfLaTeX “/Library/TeX/texbin/pdflatex” -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
XeLaTeX “/Library/TeX/texbin/xelatex” -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
LuaLaTeX “/Library/TeX/texbin/lualatex” -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
DviPs ruby -e “cmd=’/Library/TeX/texbin/dvips -Ppdf -z -f ‘+0x22.chr+’?am.dvi’+0x22.chr+’ ‘+0x7c.chr+’ ‘+’convbkmk -u’+’ ‘+0x3e.chr+’ ‘+0x22.chr+’?am.ps’+0x22.chr;system(cmd)”
DviPng “/Library/TeX/texbin/dvipng” -T tight -D 120 %.dvi
DviPdf “/Library/TeX/texbin/dvipdfmx” %.dvi
BibTeX “/Library/TeX/texbin/upbibtex” %
BibTex 8ビット “/Library/TeX/texbin/bibtex8” %
Biber “/Library/TeX/texbin/biber” –bblencoding=utf8 -u -U –output_safechars %
Makeindex “/Library/TeX/texbin/upmendex” %.idx
Texindy “/Library/TeX/texbin/texindy” %.idx
Metapost “/Library/TeX/texbin/upmpost” -interaction=nonstopmode %
Asymptote “/Library/TeX/texbin/asy” %.asy
Latexmk “/Library/TeX/texbin/latexmk” -e “$latex=q/uplatex %%O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %%S/” -e “$bibtex=q/upbibtex %%O %%B/” -e “$biber=q/biber %%O –bblencoding=utf8 -u -U –output_safechars %%B/” -e “$makeindex=q/upmendex %%O -o %%D %%S/” -e “$dvipdf=q/dvipdfmx %%O -o %%D %%S/” -norc -gg -pdfdvi -silent %

こんなときは

ヒラギノフォントを埋め込みたい

以下コマンドをそのまま実行してください。

$ sudo tlmgr update --self --all
$ sudo tlmgr repository add http://contrib.texlive.info/current tlcontrib
$ sudo tlmgr pinning add tlcontrib '*'
$ sudo tlmgr install japanese-otf-nonfree japanese-otf-uptex-nonfree ptex-fontmaps-macos cjk-gs-integrate-macos
$ sudo tlmgr path add
$ sudo cjk-gs-integrate --link-texmf --cleanup
$ sudo cjk-gs-integrate-macos --link-texmf
$ sudo mktexlsr
$ sudo kanji-config-updmap-sys --jis2004 hiragino-highsierra-pron

texstudio組み込みビューアで日本語が表示されない

まず以下コマンドをそのまま実行してください。

$ strings -a /Applications/texstudio.app/Contents/Frameworks/libpoppler.??.dylib | grep poppler

すると以下のような文字列が表示されますので、中央の/usr/local/Cellar/poppler/0.79.0-texworks/share/popplerのような文字列をコピーしておいてください。

/usr/local/Cellar/poppler/0.79.0-texworks/share/poppler/ColorProfiles/
/usr/local/Cellar/poppler/0.79.0-texworks/share/poppler
%Produced by poppler pdftops version: {0:s} (http://poppler.freedesktop.org)

次に、以下コマンドを実行してください。

$ cd ~
$ curl -kO https://poppler.freedesktop.org/poppler-data-0.4.9.tar.gz
$ tar xvf poppler-data-0.4.9.tar.gz
$ sudo mkdir -p <先ほどコピーした文字列>
$ sudo cp -pR ~/poppler-data-0.4.9/* <先ほどコピーした文字列>

最後に

以上で環境構築は終了です。実際にどのように使うか、具体的なシステムは調べることで分かりますが、とりあえずpdfを出力するにはどうすれば良いか、見よう見まね記事を後日執筆いたします。

-IT, LaTeX

© 2020 とりあえずいろんな情報記(仮)